緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者。 【経済産業省からのお知らせ】「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の改正について

【経済産業省からのお知らせ】「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の改正について

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

政府が発表した対策の基本的対処方針の中で、緊急事態宣言時に事業継続が求められる事業者の種類が公表された。 なお、国民生活・国民経済の安定確保に不可欠な業務を行う事業者とは、法第2条に規定される指定公共機関及び指定地方公共機関や法第28条に規定される登録事業者を参考とし、これら医療、国民生活・国民経済維持の業務をサポートする事業者等にも留意し、別添に例示する。 )では、在宅勤務(テレワーク)の強力な推進、職場での感染防止の取り組み、「三つの密」を避ける行動の徹底などを促すこととされています。 4月16日に改正された「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(以下「基本的対処方針」という。 特に、今回の改正に伴い、新たに「緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者」が例示されておりますので、今後の7都府県の対応方針、要請等とあわせてご確認いただけますようお願いいたします。

次の

緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々等の感染予防、健康管理の強化について、経済団体などに協力依頼しました|厚生労働省

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々等の 感染予防、健康管理の強化について 今般、緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々等の感染予防、健康管理の強化について厚生労働省労働基準局長より要請を受けました。 SEMIでは、半導体に関する各工場が今回の宣言によって活動を停止することが、世界のエレクトロニクス製造産業に深刻な影響を与えることとなり、製造サプライチェーンに混乱をもたらし、ひいては経済および未来の国民全体の生活に影を落とすリスクが高いという点の説明を国に対して行ってきたとのことで、今回の事業継続対象として追加指定されたことで、ものづくり産業のサプライチェーンに与えるリスクを少しでも緩和することが期待できるようになるとしている。 予めご了承ください。 併せて、基本的対処方針において「緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者」と位置づけられた事業等を所管する省庁等に対し、上記の趣旨の周知に協力いただくよう依頼しました。 また、医療、国民生活・国民経済維持の業務を支援する事業者等にも、事業継続を要請する。 会員各位におかれましては、緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々をはじめとして、すべての職場で働く方々の感染を防止するために、職場における感染予防、健康管理の強化に向けて、職場において事業者、労働者が一体となって、それぞれの事業の特性も踏まえつつ、適切に対策をいただくこと、また、その際には、妊娠中の女性労働者や、高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患など)を有する方々に十分な配慮をしていただくことについて御協力いただきますようお願いします。 〇本文P24~25抜粋 別添 緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者 以下事業者等については、「三つの密」を避けるための取組を講じていただきつつ、事業の継続を求める。

次の

日本の緊急事態宣言における事業継続対象事業者に半導体工場が追加指定

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

。 関連記事• )を製造しているものについては、感染防止に配慮しつつ、継続する。 事業においては、「三つの密」を避けるための必要な対策を講じることとする。 厚生労働省は、労使団体や業種別事業主団体に対して、緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々等の感染予防、健康管理の強化について、傘下団体などに向けた周知の協力をお願いしました。 2020年3月28日に決定された政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」に関して、2020年 4月7日の緊急事態宣言発令にあわせて、同日付で「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が改正されました。 一部の国や地域などでは半導体工場や半導体製造工場も操業停止措置が取られているが、その一方で経済活動の維持に必要な産業であるとして稼働の継続が認められている国や地域もあり、これらの取り組みによりサプライチェーンが分断される、という最悪の事態は回避されているものの、新型コロナウイルスとの闘いが長期化すれば、新たな課題が生じる可能性もあるとSEMIでは危惧を示している。

次の

【経済産業省からのお知らせ】「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の改正について

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

国際半導体製造装置材料協会 SEMI の日本事務所であるSEMIジャパンは4月9日、日本政府が4月7日付で発令した新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言時に事業継続が求められる事業者の対象として、設備の特性上、生産停止が困難なものとして半導体工場を追加指定したことを明らかにした。 かなり広範にわたり、食堂、レストラン、喫のほか、ホテル、理美容、ランドリーなども継続要請の業種に含まれている。 2020年4月10日時点、日本に限らず多くの国の政府が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から国民の生活を保護することと、経済的なダメージをいかに抑えるかのバランスをどのようにとるのかという難しいかじ取りを迫られている。 そのためSEMIでは、グローバルの取り組みとして各政策立案者と協力し、今後のこうした課題に対して、各種情報収集を進め、関係企業と対話を進めていくことで、健全なサプライチェーンの維持に向けた最善の道の模索を継続して行っていくとコメントしている。 。

次の

緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業で働く方々等の感染予防、健康管理の強化について、経済団体などに協力依頼しました|厚生労働省

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

。 。 。 。 。

次の

2020/04/08のメモ 緊急事態宣言時に事業継続が求められる事業者は食堂、理美容を含む

緊急 事態 宣言 時に 事業 の 継続 が 求め られる 事業 者

。 。 。 。 。 。

次の