星 ダイアリー 2020。 石井ゆかり「星ダイアリー」2020

石井ゆかりの年間占い決定版『星栞』と『星ダイアリー』!2020年は星を味方につけて(2019年11月22日)|ウーマンエキサイト(1/6)

星 ダイアリー 2020

私は本に書き込むのはあまり好きではないので、実は、スケジュールを書いたりメモしたりする部分は重視していなかったんです。 表紙に書かれている、それぞれの12星座別の2019年のテーマも素敵ですよね。 星ダイアリーの総合版と恋愛版の違い、それは 12星座別の年間占いの内容。 そして、12星座別の詳しい占いは文庫本『星栞 2020年の星占い』に収録されています。 毎月の星の動きが一目でわかるチャートが載ってます。 射手座 欲しいものが何でも手に入る。 ちゃんとマンスリーカレンダーページの下部にすべての星座記号と天体記号の説明が載ってますから! あとウィークリーページの方には文字で天体や星座の表記がされているので、そちらでも確認できますしね。

次の

石井ゆかりの年間占い決定版『星栞』と『星ダイアリー』!2020年は星を味方につけて(2019年11月22日)|ウーマンエキサイト(1/6)

星 ダイアリー 2020

『星ダイアリー2020』と『星栞 2020年の星占い』を愛用することで、星を味方につけ、道を切り拓いたり、幸せを引き寄せたり…。 出典:星ダイアリー2020総合版・週間カレンダーの使い方 しかし、あくまでもホロスコープは「目安」と思って使ってます。 石井ゆかりの言葉とともに1年が過ごせる、情報満載のダイアリー! 自分自身が社会的な目標としていた場所へ到達するような年になる、ってことなのでしょう! 牡牛座 広い世界を探しにゆく。 【持ち物】 筆記用具・星ダイアリー2020・星栞(無くても可) 【定員】 9名様 【キャンセルについて】 ご入金後のキャンセルは、お受けできません。 星ダイアリー2020の表紙はどんな感じ? なんでもかんでも電子化される世の中。

次の

星ダイアリーと星栞。|石井ゆかり@筋トレ|note

星 ダイアリー 2020

人が人とどうつながって、どう結ばれて、どう関わっていくか?みたいな話。 と、いうわけで。 書店さん等でお見かけの際は、どうか一度、お手にとってご覧下さいませ!. そこが非常に不便だなぁと感じております。 が、そこに 星の動きやボイドタイムが記載されています。 星ダイアリー2020では月間ホロスコープチャートの横に、12星座別の月間占いが書かれてます。 確かに中身を前年のものと比較すると、より見やすくなりました。

次の

石井ゆかり「星ダイアリー」2020

星 ダイアリー 2020

人の集まる場所で宝物を見つけるかも? みたいな一言占いとか。 というスタンスがいいかな。 あと、冒頭の「はじめに〜星で読む2020年〜」の石井ゆかりさんのコメントに書かれているのですが、過去200年間、約20年ごとに繰り返される木星と土星の会合、グレートコンジャンクションはほぼ地の星座で起きてました(例外もある)。 月間カレンダー《共通》• 12星座別『星栞 2020年の星占い』の懸案であった 「毎日の占い」は、どうしてもムリでした。 どの天体が何日に星座移動するか、逆行を始めるか、というのがすぐにわかるのが最高。 共有や融合、ギフトをつかさどる第8ハウスに木星が滞在する2020年。 新月や満月の起きる時間を調べたいときは、いちいち週間カレンダーの方をみないとわからなくて。

次の

石井ゆかり「星ダイアリー」2020

星 ダイアリー 2020

ちなみに年間占いは、この手帳の中でも説明されている ソーラーサインハウスで12星座を診断した時の木星のいるハウスが元になって書かれてます。 普段は縁の下の力持ち的な役割の乙女座さんも、2020年は思いっきり弾けて飛び出すような年になりそう! 天秤座 夢の設計図をもとに、自分の楽園を作る。 不足分に関して、現在はウィークリーのメモ帳を使っていますが、やはり使いづらさがあります。 その内容が、恋愛版では月間占い同様「 愛」がテーマに書かれてるんですね。 自分の役割を全うし、周りに貢献し、お互いにケアをしていくような1年になりそうですね。 でも、366日の占いを12星座分、私一人で書くのは、不可能です。

次の

石井ゆかりさんの手帳【星ダイアリー2020】徹底レビュー!星を読む人は必携です☆

星 ダイアリー 2020

よく考えたら、12星座分の年間と月間占いを、ひとりで書けていたのです。 ウィークリーページには書かれているのですが、できればマンスリーにも記載してほしいですね。 どんな愛の関係性にも当てはめられるような文章なんです。 山羊座さんはみんな何らかのでかいイベントに直面するでしょう。 12星座分なので占いはダイジェストになりますが、石井ゆかりさんの言葉とともに1年を過ごせます。 帯を外すと、箔だけが押されたシンプルなカバーが入っており、デザイン手帳のような雰囲気で普段使いすることができます。 そのため、『星ダイアリー』に記載されている占いは12星座分のダイジェストになりましたが、月や星のデータはより詳しく、感覚的にわかるように改良したそうです。

次の

『星ダイアリー2020』&文庫『星栞』のご案内

星 ダイアリー 2020

後半に占いや手帳の使い方などの情報や読み物がまとめられてるので、そこが日常使いの手帳にするのに非常に良い。 これは、私が例年、年間占いを書くときに使っている、エクセルで作ったワークシートをキレイにデザインして頂いたもので、正直、便利です(えへ)。 そもそも、例年、筋トレ年報や上半期、下半期の記事、雑誌の特集記事等を書かせて頂いていますが、その中で「石井ゆかりの年間占いの決定版」みたいな、まとまったものがあってもいいのかも、という思いもありました。 さんが提唱しているメソッドを取り入れるツールとして使う分にはいいのかもしれないけど。 新しい対話も生まれる。 難問でした。 新月からガラリと雰囲気が変わる! などの実感があった。

次の

星ダイアリー2020 総合版の通販/石井ゆかり

星 ダイアリー 2020

それから、よく読むと、年間カレンダー、月間カレンダー、週間カレンダーの使い方解説も、より具体的に改善されているところがあり、 へーそうやって使うのもおもしろいな・・・と参考になります。 シリーズ1作目「星手帳2007」からはじまり、14作目となる2020年版。 人って心も体も宇宙となにかしら連動していることを少し体感出来て感動しています。 毎年非常に多くの種類の手帳が本屋さんの店頭に並んでますよね。 (手帳の使い方の説明も多少違っていましたが) 年間占いと月間占いの文章が違うだけで、 カレンダーページや全体の星模様などの文章は同じです。 【仕様】 B6判/各256ページ/ビニールカバー・インナーカバーつき/しおり紐2本/ 縦18. 自分の日々の感情や行動と星や月の動きがどのようにリンクしているか観察したい。

次の