スイフト スポーツ カタナ エディション。 スズキ・スイフトスポーツ カタナエディションはクルマ好きのみならずバイク好きも注目【大阪オートメッセ2020】

カーボンカウルで武装した旧型カタナ改vs2019年に復活したNEWカタナ【東京オートサロン2020】|MotorFan Bikes[モータファンバイクス]

スイフト スポーツ カタナ エディション

フルオートエアコン• 専用マフラー(デュアルエキゾーストパイプ)• カーボンは、カーボン繊維と樹脂の複合素材で、ロケットなどの宇宙事業や航空業界などの分野で発展・活躍してきた。 スイフトスポーツの概要 インテリアに移ってみましょう。 このアクセントは市販のスイフトスポーツにも生かせるハズだ そのいっぽうで、バックドアはマットカラーに塗装されていて、フロントマスクの派手さとはひと味違うシックな雰囲気も醸し出している。 さらに、海のレジャーをイメージした「ジムニーシエラ・マリンスタイル」を参考出品するという。 クロスレシオ化したギヤ比で高トルクな6MT採用• 力強さと美しさがプラスされた特別感が、会場で話題を呼びそうだ。 また、フロントバンパー下部やホイールにも赤いアクセントが施され、スポーティな印象を強めました。 専用スピードメーター• 以下の機能を搭載しています。

次の

【KATANAとコラボ】スイフト・スポーツ・カタナ・エディション 東京オートサロン2020

スイフト スポーツ カタナ エディション

そして参考としてなんですが、過去のスイフト発売からスイフトスポーツ発売までの「待ち期間」は以下のようになってます。 基本的な形状は標準のスイフトがベースなのですが、スポーツグレードということもあり、随所にやる気を感じさせるデザインが採用されています。 カタナの造形をヒントとし、外装はワイド化して迫力を増したフェンダーによってグラマラスなシルエットを強調。 オプションで、軽量な18インチOZ製アルミホイールと、ミシュラン「パイロットスポーツ4」タイヤの組み合わせが選択できる。 6MT:970キロ・6AT:990キロ、この軽量ボディを高効率ハイパワーの1. インテリアには、チタンマフラーが熱で焼けてグラデーションになったカラーをインパネに加飾しており、スポーティなインテリアとなっています。 2019年春から欧州で、同年5月には日本で発売されました。 「オバフェン」と言いたくなるような、エボリューション感がたまらない。

次の

【KATANAとコラボ】スイフト・スポーツ・カタナ・エディション 東京オートサロン2020

スイフト スポーツ カタナ エディション

エマージェンシーストップシグナル 「183万円~205万円」の価格帯にふさわしい装備が充実しています。 先代モデルと比較すると、着座位置が20MM下げられているので、より低い視点で運転できるのも変更点です。 5kgmを発生する。 これはなかなかにユニークなスタイリングを持っていて、フロントだと専用バンパーにボンネット、そしてオーバーフェンダーが装着に。 ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付)• 製法の違いにより、ドライカーボンとウエットカーボンの2つに分けられるのも特徴だ。

次の

スズキ・スイフトスポーツ カタナエディションはクルマ好きのみならずバイク好きも注目【大阪オートメッセ2020】

スイフト スポーツ カタナ エディション

鮮烈なカラーリング、そして大きく張り出した前後フェンダーがド迫力! これは一見の価値アリだ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• リヤショックアブソーバー採用• スイフトスポーツKATANAエディション GSX1100S KATANAとコラボというよりもオマージュしたスイフトスポーツKATANAエディションが東京オートサロンのスズキブースの主役 スズキの2輪の名車GSX1100S KATANAとコラボさせたのがスイフトスポーツKATANAエディションで、東京オートサロン2020のスズキブースの超注目車。 スズキ『カタナ』は、スズキの大型二輪車だ。 インテリアは、熱を帯びたマフラーを彷彿させるグラデーション・チタンを、インパネなどに加飾し、エッジの効いた室内空間となっている。 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• なんといっても目玉は「スイフトスポーツ カタナエディション」で、もちろんこれはバイクの「カタナ(KATANA)」をイメージしたカスタムカー。 ただ、まだ期待情報となります。 なお、ホイールはかなり大きく、タイヤは超扁平。

次の

スイフトスポーツのカタナエディションが登場!特徴や人気モデルのスペックは?

スイフト スポーツ カタナ エディション

ワインディングならクイッと気持ちよく曲がってくれて、単調な山道の運転も操作し甲斐があります。 リヤフェンダーもこの通り。 遊びの達人グルマを標榜するハスラーストリートスタイルのハッチゲート裏にはステッカー、デカールが貼られて遊び心を演出 インテリアの天井にはあたかも満天の星が瞬いているプラネタリウム風にLEDが装着されムーディにしているが、これは市販化したらオモシロいと思う。 3号館にブースを構えるスズキのなかで、スポーツカー好きなら要注目の1台は、やはり「スイフトスポーツ カタナエディション」だ。 ライバルとなるのはカローラスポーツGR SPORTです。 また、「KATANA」と一緒に展示し、内外装ともに「KATANA」のカラーとリンクする赤いアクセントを随所に施したという。

次の

スイスポが伝説のバイク「カタナ」に? スズキスイフトスポーツカタナが東京オートサロンに展示(carview!)

スイフト スポーツ カタナ エディション

ホイールベース拡大 直進安定性を高め、旋回性能がよくなりました。 最高出力/最大トルクともに向上• 2019年に発売された新型カタナ。 二輪車の丸みを帯びたガソリン・タンクの豊かなラインをモチーフに、スイフト・スポーツの前後フェンダーをワイド化。 シルバーのボディカラーにオレンジがかったレッドの差し色が、精悍かつ華やかなアピアランスを生み出している。 「KATANA」の造形をヒントに、外装はワイド化して迫力を増したフェンダーにより、グラマラスなシルエットを強調。 一方、シートデザイン変更の可能性は低く、リアシートの変更もないと思われます。 0Lエンジンは148psを発生。

次の

スズキ スイフトスポーツ に「カタナ」…オランダで限定30台

スイフト スポーツ カタナ エディション

エアロパーツはグロスブラックにペイントされ、そしてレッドのアクセントが用いられています。 また、点火制御とターボ過給圧制御を専用チューニングし、アクセル操作に対する反応を高め、幅広い回転域での鋭い加速を追求した。 今回の参考出品車はそのままでの市販化の予定はないというが、スズキらしさが全開でとても魅力的に仕上がっている。 | スイフトスポーツ カタナエディションはぜひ市販して欲しい | スズキがオートサロン2020の出展概要を公開。 これはこのまま市販するべき 新型ハスラーは、『遊びの達人グルマ』として、初代もでるよりもさらにタフさを加味して刷新された。

次の

日本でも販売してほしい!スズキ「スイフト・スポーツ」と「カタナ」がコラボした特別仕様車「スイフト・スポーツ”Katana Limited Edition”」がオランダ限定30台のみ販売へ

スイフト スポーツ カタナ エディション

フロントバンパーの変更に始まり前後ワイドフェンダー、サイドステップ、ホイール交換等によってアグレッシブなイメージが演出されています。 MotoGPなど、レーシングマシンの外装にも多用されるカーボンは、味のある独特の網目模様が特徴的。 チャンピオンイエロー4設定の可能性もあるでしょう。 また、カーボンは耐熱性にも優れているため、マフラーのサイレンサーカバーなどにも用いられている。 リアはドラムブレーキなのか、ホイール内側がちょっとスカスカ。 NEWカタナやスイスポ・カタナエディションにも注目(写真右)。 ふらつき警報機能• 3890mm• プレミアムシルバーメタリックと、スーパーブラックパールだ。

次の