エコノミスト 予言。 5.11予言とエコノミスト2015との関係は?/台湾地震予測研究所の予測が怖い

【エコノミスト】2020年5月11日は首都圏で複合災害の予言【イルミナティカード】

エコノミスト 予言

米政府は国際的な銀行間の送金インフラを提供する「国際銀行間通信協会」(SWIFT スイフト 、参照)に対しイランの銀行をネットワークから切断するよう圧力をかけた。 だが、時には国民の利便性と購買力の安定のために、国民の通貨 既存の通貨 に対する価値がなくなるだろう。 エコノミストで掲載された論文の内容 1988年発刊のエコノミストついて、重要だと思われる論文(記事)の一部を抜粋して和訳したものが下記となります。 またもや、ふわっとした予言です。 もちろん入会・退会は自由、初心者でも大歓迎です。 一方で4月17日に台湾の地震予測研究所より投稿された地震予測については、デマでは片づけられないものがあります。

次の

【予言】 エコノミスト 2020の表紙が怖すぎる! #1|Team YUAN|note

エコノミスト 予言

英経済誌「エコノミスト 世界はこうなる」2020年の表紙に、日本が狙われている暗示があることを、「 」で解説しました。 ここにイギリスのが一枚加わることで何らかの「死」が訪れるとしたら、それは世界的な紛争の引き金になりかねない話である。 ボンドとダイの文字は2020年に公開される007シリーズの新作映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』を示唆するように見えるが、ここにシオン(の地名)が加わると事がややこしくなる。 確かに、近い将来必ず起こるのでしょう。 でも、兆候がない状態なので、2017年はまだ大丈夫でしょう。 「つみたてNISA(ニーサ)」など税制優遇施策の導入を契機に、低コストのインデックス(指数)連動型投資信託(投信)の残高が急増しているのだ。 2008年のリーマン・ショックをイメージすればいい。

次の

123456789012345678901234567890

エコノミスト 予言

さらにDeepな都市伝説を扱っています。 もう一つは、誰かに会社を売ること。 そこで、2015年、2016年に続き、エコノミスト表紙を詳しく調べることにしました。 そんな彼が残したこの予言は、東の都(=東京?)がバラバラになる…とのこと。 ロスチャイルド系英国紙 イギリスのメディアと言えば、と深く関わっていると言われており、エコノミストも同様です。 都市伝説 関暁夫の情熱が止まらない」の考察記事は、「 」(有料マガジン100円 12記事)に保管してあります。 衝撃! イランのソレイマニ司令官殺害 2020年1月3日、米軍の無人機がイラクのバグダッド国際空港を攻撃し、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害しました。

次の

英エコノミスト誌の表紙絵が予言している世界通貨とは何か(前編)

エコノミスト 予言

メルケルが中心の理由 メルケル首相が中央に配置された理由は、紛れもなく、EUの今後に対して強力な決定力を有しているからだ。 手術がしにくい場所にできている場合は、放射線でがんを攻撃する。 エコノミスト表紙予言の記事は、 2. そして、多くの人が不安を抱えると、その負のパワーが本当に発動してしまうこともあるんです。 来年はどんな事が予定されているのでしょう? 2019年の表紙 来年の表紙には、レオナルド・ダヴィンチ没後500年を記念してか「 ウィトルウィウス的人体図」を中心に描かれています。 もし、追放が決定すれば、 ロシアは2020年のに出場できなくなる。

次の

【予言】 エコノミスト 2020の表紙が怖すぎる! #1|Team YUAN|note

エコノミスト 予言

イルミナティカードは当たりました。 しかしその確率、2億5000万分の1。 …この前の大災害も確か月曜日に起きていたと思う。 そして、その世界を支配すると示唆しているのは、審判のカード。 THE WORLD IN 20 20 TRUMPBR EXITAITO KYOMARSCL IMATEXIRECE SSIONMODIE XPOSDGSBONDB ETHOVEN VISIONSBI ODIVERSITYRATNPTWAR RENRAPHAELNIGHTINGALERUSSIA 最初の3行の「 THE WORLD IN 20 20」は分かるとして、それ以下は単語が連続して書かれているようですね。 一昨年にこの表紙が出た時も様々な説が出ていたのだが、左下の隅に珍しい獣であるセンザンコウが描かれており、普通なら可愛らしく描かれるはずのパンダが険しい顔をしてセンザンコウの方を見つめているという特徴があった。

次の

【予言】 エコノミスト 2020の表紙が怖すぎる! #1|Team YUAN|note

エコノミスト 予言

IMMOを批判するヴィタリック氏 2018年5月、IMMOの活動開始に対して、素早く反応を示したのがイーサリアムの考案者として有名な ヴィタリック・ブリテン氏です。 【当たっていた予言】 ・大麻解禁の流れ ・スマホ決済 ・VRと管理社会 ・トランプ大統領の活躍 ・富士山の噴火はなし 【はずれの予言】 ・インドの経済発展 ・月旅行? ・ブレグジット その他、絵から読み取れる情報が曖昧でわかりませんでした。 Bondは映画のことではなく「 債権」の事だとすれば、ボンドマゲドン 債権暴落 の可能性もありそうです。 これも意味深ですよね。 あまりにも的中し過ぎるため、これは「予言」ではなく「予告」ではないのか?最近、そんな風に感じています。 これは がお金にまみれたと環境問題のGreen20に分裂することを示唆している。

次の

英国紙エコノミストの「The World in 2019」の予言

エコノミスト 予言

気にすべき予言もありますが、どれも2017年に起こらないと思われるものばかりでしたね。 しかし、kinkoは違うと思っています。 いくら何でも、これはないですよね。 共和党のトランプが再選されるのか、民主党が覆すのか、世界から最も注目される話題のひとつです。 日米欧が金融引き締め基調ならば、世界市場に出回るマネーが減る。

次の