沖縄 県内 の ニュース。 沖縄県内18市町村が夏休み短縮 14市町村が未定(琉球新報)

沖縄県内18市町村が夏休み短縮 14市町村が未定(琉球新報)

沖縄 県内 の ニュース

関係者は、ビーフカレーや牛丼などのメニューを検討している。 アンケート結果を分析した研究会の大城航(わたる)さん(38)は「沖縄戦や今の基地問題に続く本土復帰の闘いを知る身近な人たちが徐々にいなくなる中、子供たちにとっては学校で知る機会が一層大事」と語る。 せめて観光だけでも」と観光地へ向かった。 新型コロナウイルスの影響を受けた和牛の需要喚起を図るため、県や食肉業者などが農水省の補正予算を活用し、学校現場で子どもたちに提供する。 語り継ぐ責任を強く感じる」と話す。

次の

沖縄県内18市町村が夏休み短縮 14市町村が未定(琉球新報)

沖縄 県内 の ニュース

防衛省沖縄防衛局の関係者は「辺野古移設は、普天間飛行場の危険性を除去する唯一の解決策。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発着便が激減しており影響は小さかったというが、観光客などが多く訪れる平時であれば大きな影響が出ていた可能性がある。 琉球新報社. 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 2位はサンエー(宜野湾市)、3位に沖縄銀行(那覇市)が入った。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 名護市や国頭村、大宜味村、東村、伊是名村、北谷町、西原町、竹富町、与那国町は独自の期間となる。 夏休みは短いが、海のきれいな沖縄に来る人たちも増えるのではないか」と今後の回復に期待した。

次の

沖縄のニュース情報

沖縄 県内 の ニュース

4月17日未明、駐機場と滑走路を結ぶ誘導路の新設工事中に、磁気探査機が反応した。 本格的な観光客受け入れへ、市内の観光事業者らでつくる「宮古島リカバリープロジェクト委員会」は住民の不安を払拭(ふっしょく)しようと感染予防ガイドラインを策定した。 11・00 国立戦没者墓苑で県主催の拝礼式が行われ、玉城デニー知事と吉住啓作沖縄総合事務局長が献花。 緊急事態宣言の下で自粛が続いた社会経済活動に活気が戻りつつある。 那覇市第一牧志公設市場も観光客はまばらだった。 新型コロナ感染の心配もあるけど、観光客がこのまま戻らなければ店も苦しい。

次の

沖縄県内18市町村が夏休み短縮 14市町村が未定(琉球新報)

沖縄 県内 の ニュース

【青木絵美】• 県をまたいだ移動が解除された1日は月曜日ということもあり、那覇空港では観光客の姿はまばらだったが、出張などのビジネス客の姿が見られた。 同日から国際通りに応援メッセージが書かれたバナーフラッグ80枚を掲げ、通行人や車に通りをアピールしている。 不発弾処理に詳しい大城渡名桜大教授(憲法学)は「航空機の離着陸の振動や衝撃で爆発する恐れがないとはいえず、これまで事故が起きていないのは幸運と捉えるべきだ」と指摘。 「少しでも皆さんの心が慰められたらね」 10・50 新型コロナウイルスの影響で式典が中止となった糸満市山城の開南健児之塔に遺族の70代男性が1人で訪れる。 那覇市によると、空港敷地内や第2滑走路周辺では78年からこれまでに、大小計292発の不発弾が見つかった。 最も利益が大きかった企業は沖縄セルラー電話(那覇市)で、集計を始めた08年度以来、10年ぶりに首位となった。

次の

OTV 沖縄テレビ放送 - ニュース 天気 番組情報 イベント プレゼント

沖縄 県内 の ニュース

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために県が求めていた県外と沖縄間の渡航自粛要請が、一部を除いて1日に解除された。 減益企業は330社だった。 観光客の激減で赤字の続く状況が長期化し、資金繰りの悪化から、事業の売却検討を余儀なくされている施設は少なくない。 沖縄戦に動員され、女学生ら136人が命を落とした「ひめゆり学徒隊」の体験を伝える糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」。 玉城氏は「(移設に)反対であるという民意は揺らいでいないと思っている」と強調するが、普天間飛行場のある宜野湾(ぎのわん)市選挙区(定数3)は社民党の現職が落選し、与党1議席、野党2議席という結果に終わった。 一方、「家族・親族で沖縄戦について話してくれる人はいますか」という問いに「いる」が30.3%だったのに対し、「いない」は52.2%に上った。

次の

沖縄の和牛、給食でいっぱい食べて 9月から県内全校に登場 カレーや牛丼に コロナ対策で販促(沖縄タイムス)

沖縄 県内 の ニュース

新型コロナウイルスの影響で観光業が打撃を受け、価格を下げてでもホテルを売りたい事業者が出てきていると同時に、外資系の企業や投資家らが宿泊施設の買収を検討する動きが広まっている。 不発弾の処理に伴い、国土交通省那覇空港事務所は4月17~27日未明と同29日~5月5日未明、第1滑走路を閉鎖。 千葉県からカップルで来た50代の男性は「21日に宮古島で式を挙げる予定だったが新型コロナの影響で来年に延期した。 糸満市摩文仁の島守の塔でも慰霊祭が行われる。 新型コロナウイルス感染防止のための県をまたぐ移動自粛が全面解除となった19日、宮古島市ではみやこ下地島空港ターミナルが70日ぶりに営業を再開するなど県内各地で旅行客の姿が目立った。 8月1~10日に夏休みを設定するのは那覇市と宜野湾市、糸満市、沖縄市、豊見城市、恩納村、中城村、与那原町。 「非常に厳しい結果だ。

次の